【北京オリンピック2022】 兄弟姉妹出場が過去最多!?

イベント
スポンサーリンク

間もなく北京オリンピック2022が開催されます。

日本代表の注目選手といえば…

思い浮かぶ選手はたくさんいますが、スノーボードの平野歩夢さん平野海祝さんの兄弟や前回の平昌オリンピックで姉妹でメダルを獲得した髙木菜那さん・髙木美帆さんの姉妹など、兄弟姉妹での出場が多いような気がしませんか?

そこで今回は、

 

・北京オリンピック2022の兄弟姉妹出場は何組?兄弟姉妹出場者のまとめ

・前回の東京オリンピックとの比較

 

について調べました。

 

スポンサーリンク

北京オリンピック2022の兄弟姉妹出場は何組?兄弟姉妹出場者のまとめ

北京オリンピック2022での日本人兄弟姉妹出場は9組です。

選手の簡単な情報をまとめてみました。

 

スノーボード

兄:平野歩夢選手(23歳) 弟:平野海祝選手(19歳)

出身: 新潟県 村上市

兄の平野歩夢選手は2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック2大会連続銀メダリストで、2020年東京オリンピックスケートボードにも日本代表として出場しています。

弟の平野海祝選手はオリンピック初出場。2021年の日本選手権では3位。(2位は兄の平野歩夢選手)

https://twitter.com/changnatsu/status/1484460930834395136?s=20&t=hIji5wji8eD3QUHyc8QQbQ

 

スキージャンプ

兄:小林潤志郎選手(30歳) 弟:小林陵侑選手(25歳)

出身:岩手県 八幡平市

兄の小林潤志郎選手、弟の小林陵侑選手ともには2018年平昌オリンピックに続き2大会連続出場。

 

ノルディック複合

兄:渡部暁斗選手(33歳) 弟:渡部善斗選手(30)

出身:長野県 白馬村

兄の渡部暁斗選手は2006年のトリノオリンピックから5大会連続出場し、2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック2大会連続銀メダルを獲得しています。

兄の渡部暁斗選手の記事はこちら

弟の渡部善斗選手は2014年ソチオリンピックから3大会連続出場となります。

 

スピードスケート

姉:髙木菜那選手(29歳)、髙木美帆選手(27歳)

出身:北海道 幕別町

姉の髙木菜那選手は2014年のソチオリンピックから3大会連続出場。

2018年平昌オリンピックではチームパシュートで姉妹で金メダル、髙木菜那選手個人としてはマススタート金メダルを獲得しています。

妹の髙木美帆選手は2018年の平昌オリンピックに続き2度目のオリンピック出場で前回は1500mで銀メダル、1000mで金メダルを獲得しています。

 

アイスホッケー

姉:志賀葵選手(22歳) 妹:志賀紅音選手(20歳)

出身:北海道帯広市

姉の志賀葵選手は2018年の平昌オリンピックに続き2度目、妹の志賀紅音選手は初のオリンピック出場となります。

 

アイスホッケー

姉:床亜矢可選手(27歳) 妹:床泰留可選手(24歳)

姉の床亜矢可選手は2014年のソチオリンピックから3大会連続出場。

妹の床泰留可選手は2018年の平昌オリンピックに続き2度目の出場

https://twitter.com/ntv_sukkiri/status/1485880631527903232?s=20&t=hIji5wji8eD3QUHyc8QQbQ

 

ショートトラック

姉:菊池悠希選手(31歳) 妹:菊池純礼選手(26歳)

出身: 長野県 南相木村

姉妹ともに2018年の平昌オリンピックに続き2度目の出場。

2人の姉は菊池彩花さんでスピードスケートの選手で髙木姉妹と共にチームパシュートで金メダルを獲得しています。(現在は選手を引退しています)

 

カーリング

姉:吉田知那美選手(30歳) 妹:吉田夕梨花選手(28歳)

出身:北海道 北見市

姉の吉田知那美選手は2014年ソチオリンピックから3大会連続、妹の吉田夕梨花選手は2018年平昌オリンピックから2大会連続となります。

前回の2018年平昌オリンピックでは銅メダルを獲得しています。

ハーフタイムの「もぐもぐタイム」や北海道の方言「そだねー」など話題になりましたよね。

 

スノーボード

姉:冨田せな選手(22歳) 妹:冨田るき(20歳)

出身: 新潟県 妙高市

姉の冨田せな選手は2018年平昌オリンピックから2大会連続出場、妹の冨田るき選手は初のオリンピック出場となります。

 

以上の兄弟姉妹となります。

スノーボードでは平野兄弟と冨田姉妹の2組、アイスホッケーでは志賀姉妹と床姉妹の2組の出場となります。

幼い頃からよきライバルとして切磋琢磨してつかんだオリンピック代表だと思います。

メダルに期待のかかる選手ですね。

 

前回の東京オリンピックとの比較

北京オリンピックの兄弟姉妹出場は9組。

これは多いのでしょうか?

疑問に感じたので、東京オリンピックでの兄弟姉妹出場についても調べてみました。

東京オリンピックではこちらの6組が兄弟姉妹出場を果たしています。

柔道:阿部一二三選手&詩選手

バレーボール:石川祐希キャプテン&真佑選手

レスリング:川井梨紗子選手&友香子選手

テコンドー:鈴木リカルド選手&セルヒオ選手

フェンシング:東莉央選手&晟良選手

バスケットボール:馬瓜エブリン選手&ステファニー選手

 

柔道の阿部兄妹は揃って金、レスリングの川井姉妹もそろって金、バスケットの馬瓜エブリン選手も銀メダルを獲得しています。

メダル獲得ならずともスポーツに詳しくない方でもご存知なメジャーな選手が多いイメージです。

また、東京オリンピックの日本代表選手は538名でした。

そのうち、6組が兄弟姉妹出場です。

北京オリンピックは出場選手260名中9組が兄弟姉妹出場です。

過去最多かどうかまでは確認ができませんでしたが、かなり多いのではないでしょうか。

 

まとめ

まもなく始まる北京オリンピックに出場する9組の兄弟姉妹選手。

東京オリンピックの時のような連日のメダルラッシュはもちろん、兄弟姉妹選手の活躍にも期待したいですね。

タイトルとURLをコピーしました