ちむどんどんの衣装にウクライナカラーが多いのはただの偶然?

ちむどんどん
スポンサーリンク

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」を毎朝楽しくみています。

先日、一緒に観ている母が

「ちむどんどんの最近の衣装、ウクライナカラー多くない?」

と呟きました。

言われてみれば・・・ちょうどその時放送されていた時のヒロイン・暢子の衣装は黄色と青のウクライナカラーでした。

暢子と同じシーンに登場していた青柳和彦もウクライナカラーを取り入れた衣装だったのです。

ちむどんどんの撮影は昨年(2021年)から始まっています。

最近、衣装さんが意識をし始めたのでしょうか。

気になって、「ちむどんどん 衣装」とGooleで検索してみたら、「ちむどんどん 衣装 ウクライナカラー」とサジェストがありました。

これは同じように気になって検索している方が一定数いらっしゃるということになります。

 

今回は、

ちむどんどんの衣装はウクライナカラーが多い!登場シーンの衣装確認

ウクライナカラーの意味とは

についてお伝えしていきます。

NHK朝ドラちむどんどんの関連記事をもっと読みたい方こちら

スポンサーリンク

ちむどんどんの衣装はウクライナカラーが多い!登場シーンの衣装確認

ちむどんどんの衣装は意識してなのか、偶然なのかウクライナカラーであることが多いです。

ヒロイン・暢子は下宿する沖縄居酒屋「あまゆ」で手伝いをしている時や料理をしている時に三角巾とエプロンをしています。

暢子が「あまゆ」にいるシーンはほとんど三角巾とエプロン姿なので、トレードマークになりつつあります。

三角巾は青、エプロンは黄色なんですよね。

三角巾は柄あり、エプロンも少し薄い黄色なので、わかりやすいウクライナカラーとは言い切れませんが…

 

 

続いて東洋新聞で再開を果たした青柳和彦(宮沢氷魚)。

和彦はだいたいブルー系のスーツを着ています。

暢子と再開した時の和彦は黄色系(オレンジ?)のネクタイですね。

 

下の画像は取材不足で田良島デスクに叱られている時の青柳和彦。

こちらのニットは紺色に黄色の線がは入ったデザイン。

画像が探せなかったのですが、白地のニットに首元に青と黄色の線がはいっていた時もあったと思います。

 

こちらは暢子の姉・良子と旦那の石川博夫。

里帰り出産のため2人で比嘉家に来た時のシーンです。

良子の鮮やかな黄色のワンピースと博夫の青いスラックス。

良子の衣装はこれまで薄い色のシャツにスカートというものがほとんどでしたので、このワンピースの色は少しいつもと違った感じがします。

 

実は暢子の幼少期(稲垣来泉)、最初のシーンも黄色のチェックに青いハーフパンツでした。

 

子役が演じていた幼少期シーンの撮影時期は2021年の11月頃かと思われるので偶然だと思われますが、暢子は青と黄色の衣装が偶然か意識してかわかりませんが、多いような気がします。

 

もしかしたら、最近は衣装さんが意識をされているのかもしれませんね。

ウクライナカラーの意味とは

著名人がウクライナカラーの衣装で登場することは最近ではめずらしくないことですね。

着用する方によって意味は異なる場合もありますが、「平和への意思表示」などと言われることが多いですね。

例えば、、、

歌手のMISIAさんがライブで黄色と青のドレスで着用をしていたり、俳優の役所広司さんが日本アカデミー賞で青と黄色の配色のポケットチーフをつけていました。

本人から言及されることはありませんが、ウクライナへのメッセージを受け止められ話題になっていました。

まだまだ日本では衣装を通じての政治的、社会的メッセージを表現する例は少ないようです。

 

まとめ

ちむどんどんの衣装がウクライナカラーを意識している?というふとした疑問から最近の衣装を振り返ってみました。

確かに、ウクライナカラーのようにも見えますが、脚注の衣装のためそれほどわかりやすくはなっていませんね。

制作サイドからはなにも語られていないので、本当にただの偶然なのかもしれません。

ただ、このような情勢の中、「ちむどんどん」の制作サイドが世界平和の意味を込めてさりげなくを表現しているのであれば、それはとても心温まることですね。

 

最後まで読みいただきありがとうございました。

 

NHK朝ドラちむどんどんの関連記事をもっと読みたい方こちら

ちむどんどんならNHKオンデマンドで↓↓

※本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました