カムカムエヴリバデイのアニーは誰?大月錠一郎(ジョー)の母親説を考察

カムカムエヴリバディ
スポンサーリンク

カムカムエヴリバディのアニー・ヒラカワは誰?安子なの?という疑惑がネットを毎日騒がせています。

当ブログ内でもアニー・ヒラカワが安子なのか、そうではないのかを考察してまいりました。

 

アニー・ヒラカワは安子ではない説の記事はこちら

アニー・ヒラカワをめぐり世間がミルクボーイ状態になっている記事はこちら

 

カムカムエヴリバディの放送で毎日世間を騒がせているアニー・ヒラカワが誰なのかという話題の中で、オダギリ・ジョーさん演じる大月錠一郎(ひなたの父)の母親説ががありました。

ええええーーーーー?

と思いましたが、この説もよくよく考えていると可能性ゼロはないかと思えてきました。

 

そこで今回は、

・カムカムエヴリバディのアニー・ヒラカワが大月錠一郎の母親だと思われる理由は?

・カムカムエヴリバディのアニー・ヒラカワとひなたの関係

についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

カムカムエヴリバディのアニー・ヒラカワが大月錠一郎の母親だと思われる理由は?

なぜカムカムエヴリバディのアニー・ヒラカワが大月錠一郎の母親説が浮上したのでしょうか?

世間の声ではアニー・ヒラカワが安子ではないかという声が圧倒的に多いですよね。

その1つの理由のあったのがアニー・ヒラカワが岡山に対して複雑な思いを抱えている様子だったことです。

 

アニー・ヒラカワは甥のジョージと『サムライベースボール』のオーディションのため来日していました。

そして、甥のジョージから「岡山に行かずに帰ってもいいの?後悔しない?」と言われてました。

でもアニーは「私の人生よ。」と行かない意思を表していました。

このことから、アニーは岡山になにか関係がある!

安子なのではないのか!?

と思わせられましたよね。

 

しかし、大月錠一郎(ジョー)の母親だとするとどうでしょう。

大月錠一郎(ジョー)は岡山で戦争孤児として、ジャズ喫茶の定一さんに「大月」という苗字を付けてもらいました。

錠一郎(ジョー)は名前は憶えていたけど、苗字は忘れていましたので「大月」というのは生まれたとときの姓ではありません。

錠一郎(ジョー)の母親が幼い息子を岡山に残して渡米しているとしたら、特別な事情があったとしても、岡山に辛い思い出があると思われます。

安子と同じく錠一郎(ジョー)の母親も岡山には愛する息子を置いてきているという複雑な思いがあるはずです。

そのことからアニー・ヒラカワが錠一郎(ジョー)の母親説が浮上しています。

 

また、これはストーリー展開からの理由ではないのですが、アニー・ヒラカワを演じているのが森山良子さんであるからです。

この配役から森山良子さんも物語の中でジャズを披露するのでは?と期待されています。

例えば・・・

アニー・ヒラカワはジャズ喫茶の定一さんのように昔から音楽(ジャズ)を親しんでいた。

そして、安子のように息子にもジャズを子守歌のように聞かせてた。

その息子・錠一郎(ジョー)がジャズに興味を持っていったということも考えられますよね。

 

最後には森山良子さん演じるアニー・ヒラカワが「オンザサニーサイドオブストリート」を錠一郎(ジョー)のピアノ演奏で歌うのではないかと予想しています。(というか期待しています。)

カムカムエヴリバディのアニー・ヒラカワとひなたの関係

カムカムエヴリバディのアニー・ヒラカワが錠一郎(ジョー)の祖母だとすると安子と同じく、ひなたの祖母にあたります。

アニー・ヒラカワが安子だとするとひなたは祖母と孫という関係であるため、お互いを特別な感情を抱いていると思われていましたよね。

 

・アニー・ヒラカワがひなたを見ていると自分の若い頃を思い出すと話していた。

・ひなたが元カレである文ちゃんに再会をしたことを母親のるいには話せなかったのにアニー・ヒラカワには話せたと言っていた

 

でも、アニー・ヒラカワが錠一郎(ジョー)の母親だったとしてもひなたとは祖母と孫という関係になるのです。

なんだかしっくりきませんか?

 

まとめ

カムカムエヴリバデイのアニー・ヒラカワに大月錠一郎(ジョー)の母親説が浮上していることについて考察をしてみました。

いかがでしたでしょうか。

納得できる点もありましたよね。

ただ、アニー・ヒラカワが岡山で錠一郎(ジョー)を生んでいたとしたら、「日本に来るのは初めて」という言葉がひっかりますよね。。。

実はジョーはアメリカで生まれていたとか…?

さてさて、22週でアニー・ヒラカワの正体はわかるのでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました