カムカムエヴリバディ最終週の月曜日の冒頭シーンを考察

カムカムエヴリバディ
スポンサーリンク

カムカムエヴバディがいよいよ最終週を迎えましたね。

本日、月曜日(4月4日)の放送はるいとジョーが岡山のジャズ喫茶「ディッパーマウスブルース(DippermouthBlues)」にいるシーンからスタートでした。

るいはコーヒーを淹れていましたので、お店側の人として登場しました。

白髪のるい、しわのある手でピアノを弾いていたジョー。

突然のタイムスリップに少し混乱しました。

今回の記事はこの冒頭シーンを考察します。

 

スポンサーリンク

カムカムエヴリバディ最終週・月曜日の冒頭シーンの時代はいつ?

カムカムエヴリバディ最終週・月曜日の冒頭シーンは2022年4月4日。

まさに今日ですね!!

 

 

るい「ジョーさん朝ドラの時間やで」

ジョー「あぁ ほんまや」

レビのリモコンをオン!するとオープニング曲『アルデバラン』へ

 

 

という流れでしたね。

 

本日の2022年4月4日朝8時、物語の中のるいとジョーと私たちの時間とシンクロしたというわけですね。

最終週は2003年~2025年が放送されます。

月曜日の冒頭シーンは2022年は描かれました。

カムカムエブリバディ最終週の冒頭からなにが読み取れる?

カムカムエブリバディ最終週、物語はどうなっているのでしょうか。

冒頭から読み取れるものを探してみました。

 

 

冒頭シーン2022年は物語もコロナ禍?

「ディッパーマウスブルース」でコーヒーを淹れていたるいにひなたから電話がかかってきます。

アメリカから帰国し、関空に到着して、その後京都に行くとるいに電話で話していましたね。

その時、ひなたはマスクをしていました。

2022年のコロナ禍を表していたように思います。

 

 

「ディッパーマウスブルース」の健一さんは?

るいとジョーがいたジャズ喫茶「ディッパーマウスブルース」には定一さんと息子・健一さんの写真が並べて飾られていました。

 

 

2022年には健一さんも亡くなられていましたね。

健一さんは孫・慎一(定一さんのひ孫)と一緒にジャズ喫茶「DippermouthBlues」を再開させましたが、ひ孫・慎一はどうなったのかが少し気になるところです。

 

ディッパーマウスブルースはキャッシュレス不可

これは物語とは関係ないですね。笑

ちょっとした遊び心でしょうか。

「ディッパーマウスブルース」はキャッシュレス決済不可。

現金のみです。

AirペイのCMのオダギリ・ジョーさんのようで面白い仕掛けですね。

(制作サイドにそんな意図ない!?)

 

カムカムエブリバディ最終週2022年3人のヒロインの年齢は?

カムカムエブリバディ最終週の月曜日、冒頭シーンで描かれていた2022年、3人のヒロインの年齢は一体いくつなのでしょうか。

 

  • 安子:1925年3月22日生まれ 97歳
  • るい:1944年9月14日生まれ 77歳
  • ひなた:1965年4月4日生まれ 57歳

 

安子はさすがにこの冒頭シーンには登場していませんが、ひなた登場していましたね。

57歳には見えませんでしたが…

電話でるいに「京都か東京どちらに帰るの?」と聞かれていたので、回転焼き「大月」をやっていた京都の実家と東京どちらにも帰る家があるということでしょう。

アメリカと日本を行ったりきたりする生活を送っているようですね。

そして、バリバリのキャリアウーマン感がでていました。

英語を活かしたお仕事をされてるようですね。

回転焼き「大月」は弟の桃太郎が継いでいるのでしょうか。

 

ちなみに、ピアノを弾いていたジョーはるいの4つ上なので81歳です。

 

まとめ

カムカムエヴリバディの最終週がスタートしました。

本日月曜日の冒頭シーンはいきなり2022年。

情報量が多かったですね。

今週の放送では全てのシーンに意味がありそうなので、これから毎日、目を離すことなくしっかりとみていかないとですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました