カルディのバタフライピーシロップが話題!アレンジや販売期間も

グルメ
スポンサーリンク

カルディで販売中のバタフライピーをご存知ですか?

SNS映えすると話題になっています。

 

青い色の綺麗なシロップで炭酸で割って飲むほか、レモン果汁を混ぜると青色から紫色からピンクに色が変化し不思議なドリンクが楽しめます。

 

今回は、

・カルディのバタフライピ―シロップでどんなもの?

・カルディのバタフライピ―シロップのアレンジは?

・カルディのバラフライピーシロップの販売期間は?いつまで買える?

についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

カルディのバタフライピ―シロップでどんなもの?

3月16日に発売されたカルディのバタフライピ―シロップとはどんなものなのでしょうか?

 

そもそもバタフライピ―とは?

バタフライピ―ってあまり聞きなじみがないのですがそもそもどんなものなのでしょう。

青色ってSNS映えするのはいいけど体に悪いものではないの?

など不思議がいっぱいですよね。

 

安心してください。

バタフライピーはマメ科の植物で、日本名で「チョウマメ(蝶豆)」とも呼ばれています。

東南アジアを原産とする植物です。

ハーブの一つであるバタフライピーは、ハーブティーのほかにもスイーツやラテなどにも取り入れられています。

バタフライピ―はきれいな青色の花を咲かせます。

その花を使ったハーブティーなどもあり、鮮やかな青色をしています。

見た目が美しいブルーなのでSNS映えすると話題となり、日本でも人気がでてきています。

また、バタフライピ―の青い花はノンカフェインでアンチエイジングにも効果があるとされていて、美容効果としても期待されています。

カルディでは今回発売となったバタフライピーシロップより前から、ティーパックで飲めるレモングラスバタフライピ―が販売されています。

 

 

カルディで発売されたバタフライピーシロップ

今回発売されたバタフライピーシロップは先ほどお伝えしたバタフライピーの青い花を使った濃縮シロップです。

ベルガモットや夏ミカンなどの柑橘で香りづけているので爽やかな飲み口です。

オリジナル バタフライピーシロップ 税込¥398

 

 

このままでは飲めないので、水で割ったり、炭酸水で飲んだりして楽しめます。

お酒と一緒にも楽しめるそうですよ。

他にも楽しみ方色々です。

 

カルディのバタフライピ―シロップのアレンジは?

カルディのバタフライピ―シロップは購入された方はどのようにアレンジしているのでしょうか。

 

レモン果汁をいれると色が変わるので色の変化を楽しんでみてもよいですよね。

 

Tweet / Twitter

 

酸味を入れると色が変わるので、梅酒で楽しんでもよさそうです。

https://twitter.com/96nc/status/1505159385492115459?s=20&t=bOOJAX1duVtIg7q0Qweb9g

 

これからの季節、シロップをそのままかけてかき氷でもよいですね。

 

 

無糖のヨーグルトと合わせたヨーグルトドリンクなどがおすすめのようです。

 

 

炭酸水で割って上にバニラアイスクリームとさくらんぼをトッピングしたら、おしゃれなクリームソーダに♡

 

 

カルディのバラフライピーシロップの販売期間は?いつまで買える?

カルディのバラフライピーシロップはいつまで買えるのでしょうか。

数量限定とされており、販売期間は公表されていません。

カルディの公式HPには以下にように書かれていました。

商品は数量限定のため、なくなり次第終了となります。また商品の取り扱い状況は店舗により異なります。

 

商品紹介にはこう書かれています。

これからの季節にぴったりの赤紫から青色のグラデーションが綺麗なクリームソーダやヨーグルトドリンクでお家カフェ気分を楽しんでみませんか?

 

『これからの季節にぴったり』と書かれているので少なく初夏くらいまでは楽しめるような数量で販売されているのではないかと思います。

 

ただ、なかなか販売しているカルディが見つからないという声も…

発売後話題になっているので、売り切れているのか店舗によって取り扱いがないのかわかりませんが、カルディで出会ったらすぐに買っておいた方がよさそうです。

 

 

まとめ

カルディのバタフライピ―シロップについて調べてみました。

SNS映えするので女性人気はもちろんですが、家で楽しめるので小さいお子さんにも色が変わるドリンクはヒットしそうですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
グルメ
hanaをフォローする
hanaブログ
タイトルとURLをコピーしました