島にんにくの特徴は?取り寄せできる?ちむどんどんで話題の食材を調査

ちむどんどん
スポンサーリンク

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」の第7週は『ソーミンチャンプルーVSペペローチーノ』でしたね。

ソーミンチャンプルーが本格イタリアンのペペロンチーノと同対決するのか…と思っていましたが、味の決め手に沖縄のにんにく・島にんにくを使うことだったのですね。

島どうがらしや島らっきょうはきいたことがあったのですが、島にんにくというのは初めて聞きました。

どんな特徴のあるにんにくなのか、取り寄せをして使うことはできるのか!?

気になったので調べてみました。

 

今回は、

「ちむどんどん」島にんにくってどんなもの?

「ちむどんどん」島にんにくは取り寄せできる?

 

についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

「ちむどんどん」島にんにくってどんなもの?

「ちむどんどん」でアッラフォンターナのオーナー・大城とペペロンチーノ対決をすることになったヒロイン・暢子。

母・優子が作ってくれていたソーミンチャンプルーを思い出し、島にんにくを使うことをひらめきましたね。

アッラ・フォンターナの皆さんからも好評でしたね。

「風味が独特」

「新しい世界が開けている」

オーナー・大城も「悪くない」と言っていました。

 

島にんにくの特徴は?

島にんにくは暖かい地域で栽培される品種です。

国内のにんにくの有名な産地は青森ですが、青森産のにんにくと比べると少し小ぶりです。

また、皮が少し赤いことも島にんにくの特徴です。

 

この投稿をInstagramで見る

p5_farm(@p5_farm)がシェアした投稿

 

小ぶりですが、香りはしっかりとしていて、適度な辛みもあります。

にんにくの美味しさをシンプルに味わう「ペペロンチーノ」にはもってこいの品種ですね。

新しい香りと辛みが楽しめそうです。

 

島にんにくの産地

島にんにくの産地は沖縄です。

沖縄の他には鹿児島の離島(沖永良部島や奄美大島など)でも栽培されています。

 

 

島にんにくの収穫時期

島にんにくの収穫時期は3月~4月。

収穫時期が短いこともあり希少品種です。

「ちむどんどん」島にんにくは取り寄せできる?

島にんにくは取り寄せが可能です。

前述にもあるように収穫時期が3月~4月なので、発送される時期も期間限定です。

楽天市場から購入できる島にんにくは発送が3月~5月になるようです。

 

 

まとまった量で届きますので、分け合って使うのがよさそうです。

暑い時期は芽がでてきてしまうので、冷蔵庫での保存がよいそうです。

新聞紙に包んで野菜室で保存しましょう。

 

大城オーナーが作っていたペペロンチーノはシークワサーの皮を削っていましたね。

こちらも食べてみたい!!

シークワサーはこちらのサイトから購入ができるようでしたよ。

 

まとめ

「ちむどんどん」でヒロイン・暢子が作った「ペペロンチーノ」に使われていた島にんにく。

これまでソーミンチャンプルーも自分で作ったことがあったのですが、なにか沖縄の居酒屋で食べたのと違うなぁと思っていたのはこの島にんにくのせいでもあったのでしょうか。

試してみたい食材です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ちむどんどんの記事をもっと読みたい方はこちら

 

ちむどんどんならNHKオンデマンドで↓↓

※本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました