テンダラー浜本の不倫相手は誰?撮られたデート場所や意外な世間の声

人物
スポンサーリンク

テンダラーの浜本さんの「誕生日手つなぎ不倫」が報じられました。

2月15日の浜本さんのお誕生日に不倫相手と手つなぎデートをしていたところを文春に撮られています。

テンダラー浜本さんは不倫を認めています。

 

今回は、

テンダラー浜本の不倫相手はどんな人?

テンダラー浜本が誕生日に不倫デートをしていた関西屈指のグランメゾンとはどこ?

テンダラー浜本の不倫に対する世間の声が意外

についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

テンダラー浜本の不倫相手は誰?いつから不倫関係に?

 

テンダラー浜本さんの不倫相手とはどのような方?

ニュースにでている情報だと一般女性でヨガインストラクターの方ということです。

年齢は浜本さんの奥様と同じく14歳年下ということなので34歳くらいの方のようです。

公表されている情報はここまでしかありませんでした。

 

浜本さんと手をつないでいる写真では顔だけモザイクがはいっています。

手に持っているカバンはセリーヌのものかと思われます。

 

 

ヨガインストラクターは働き方によって年収は異なるのでしょうが、平均320万円くらい。

決して高い年収ではないと思います。

ましてやコロナ渦ですので、少なからず仕事にも影響がでている職業です。

テンダラー浜本さんが支えていたのでしょうか。

 

 

テンダラー浜本さんとはいつから不倫関係になった?

出会いは2020年、親密なお付き合いに発展したのは昨年2021年だそうです。

お笑い芸人のテンダラー浜本さんとヨガインストラクターの方がどこで出会うのでしょうか。

浜本さんがヨガに通っているイメージはありませんよね。

芸人さんの不倫相手はその芸人さんのファンだったなんてことも多いので浜本さんもファンに手を出したという感じなのでしょうか。

 

浜本さんは関西ではそこそこ有名な芸人さんですが、東京ではまだまだ知名度も低い芸人さんです。

最近こそ、NHKの朝ドラ「カムカムエブリバディ」にも出演し全国区の番組にもでており、芸人さんとしての収入もそこそこあると思いますが、、、

 

浜本さんは芸人以外に焼き鳥屋を経営しています。

その名も『焼き鳥Diningハマー』。

心斎橋本店以外に八尾店もあり、芸人としての収入より焼き鳥屋の収入の方が多いだろうとも言われています。

もしかしたら経営者としてヨガインストラクターの不倫相手の方との出会いがあったかもしれませんね。

 

 

テンダラー浜本が誕生日に不倫デートをしていた関西屈指のグランメゾンとはどこ?

テンダラーの浜本さんが誕生日にお祝いをしていた場所。

ニュースでは「関西屈指のグランメゾン」と紹介されていましたが、一体どこなのでしょうか?

 

大阪のレストラン ヴァリエでした。

関西方面にお住まいの方はすぐにわかったかもしれませんね。

 

レストラン ヴァリエ】

住所:大阪府大阪市北区中之島3丁目3−23 中之島ダイビル 2F

公式サイトはこちら

食べログ評価 3.76

 

ランチで利用されていました。

ランチコースの料金は3,872~19,360円(※別途サービス料10%)

お誕生日のお祝いでワイン等も飲んでいたようです。

(浜本さんのお誕生日のお祝いだったので不倫相手持ち?)

 

 

記念日に使われることが多い高級フレンチです。

テンダラー浜本さんは食事をしているところを外から窓ごしに写真を撮られていました。

不倫関係が長くなって警戒心がすっかり消えてしまっているのでしょうか。

 

テンダラー浜本の不倫に対する世間の声が意外

テンダラー浜本さんの不倫に対してはもちろん厳しい声も多数と思って世間の声を探したのですが、意外なコメントが。。。

 

もちろん、幻滅された方もいます。

 

それ以上に関西方面の方の声だと思いますが、テンダラー浜本さんが文春に取り上げられるなんて?とか、テンダラー浜本さんは東京では誰も知らないなんていう声が多かったです。

 

https://twitter.com/fta_sf/status/1498931790232588291?s=20&t=xLYNG0VgApHwc42UwAT3aQ

 

世間は意外と冷静にみているということです。

そして、これはもうお笑いにしてファンにお返しするしかないですね。

 

まとめ

テンダラー浜本さんは不倫を認めてツイッターでコメントをだしています。

奥様の懐の深さ…

傷つけてしまった奥様やご家族、そしてファンのためにもしっかりと反省をしていただきたいと覆います。

そして全国区で有名な芸人さんになっていただきたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク
人物
hanaをフォローする
hanaブログ
タイトルとURLをコピーしました