ちむどんどん暢子と和彦が見つめ合う「あまゆ」に入ってくるのは誰?

ちむどんどん
スポンサーリンク

7月6日放送のNHK朝ドラ「ちむどんどん」第63話の放送最後はヒロイン暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)が下宿先の沖縄居酒屋『あまゆ』で見つめ合うシーンで終わりました。

「あまゆ」は″エイサー″の練習のため休業しており、暢子と和彦二人っきりでした。

 

明日、7月7日の放送では、暢子と和彦が見つめ合ったシーンからスタートすると思うのですが、ドキドキしている2人の雰囲気を壊す誰かがやってくるのではないかと予想されていますね。

今回は明日7月7日放送のちむどんどんで「暢子と和彦が見つめ合う『あまゆ』に入ってくるのは誰?」と題打ったの考察記事となります。

 

スポンサーリンク

「ちむどんどん」暢子と和彦が見つめ合っているシーン解説

ちむどんどんの第63話では″エイサー″の練習をしている「あまゆ」の店主・順次とその娘・トミに代わり、暢子が1人で翌日の仕出しの仕込みをしていました。

そこへ、帰ってきた和彦と二人きりになります。

愛との結婚を控えている和彦はもうすぐ「あまゆ」を出ていきます。

暢子は和彦がでていく前に「みんなで海に行こう」と誘いますが、和彦は「2人でも、いいけど」と言います。

その言葉に驚いた暢子は包丁で指を切り、「大丈夫?」と手をとった和彦との距離がかなり近く、見つめ合う二人のシーンとなりました。

わりと古典的な展開ですね。(;´∀`)

 

「ちむどんどん」暢子と和彦が見つめ合う『あまゆ』にはいってくるのは誰?

料理中に指を切った暢子と和彦が見つめ合ったドキドキしている『あまゆ』のシーン。

ここまでも古典的ですが、続きも古典的なのであれば…

きっと『あまゆ』に誰かが入ってくることが予想されます。

 

大野愛

和彦は交際相手である大野愛(飯豊まりえ)と『あまゆ』で会う約束をしていました。

大野愛の記事の相談にのるためです。

和彦も取材で遅れてしまいましたが、『あまゆ』に愛は到着していませんでした。

愛も『あまゆ』に来ることになっていたので、『あまゆ』を扉をがらりと開け、暢子と和彦が見つめ合っているところに鉢合わせするということになるのでしょうか。

(なんだか昼ドラみたいですが)

https://twitter.com/asamioo88oo/status/1544544193007144960?s=20&t=NPH2ybAdB21ReuxqYQVJmw

 

和彦は愛との結婚が進んでいます。

愛は暢子から和彦を諦めて料理に専念すると言われて自分も吹っ切れたように仕事に集中しているようでした。

しかし、愛は和彦の暢子への気持ちは気づいているようでしたよね。

暢子と和彦が見つめ合うところをみてしまったらそんな気の毒な話はありません。

ただならぬ様子の2人をみたら愛はソッと扉を閉めそうな気もします。

状況的には大野愛が『あまゆ』に来る可能性が一番高そうですが、視聴者人気の高い愛が傷つくのはあまり見たくありませんね。

 

比嘉賢秀(ニーニー)

突然『あまゆ』にはいってくると言えばニーニーこと賢秀(竜生涼)

視聴者願望としては第一位!!

以前、愛との結婚話が進むことにモヤモヤしている和彦が暢子に『あまゆ』で話をしかけた時、突然、ニーニーが乱入したことがありましたよね。

深刻な雰囲気やムードある雰囲気をぶち壊しにする人といえばこの人です!

 

 

エイサーの練習帰りの沖縄県人会の方々

これも大野愛でありませんように…と思う視聴者の願望的予想です。

和彦と暢子が見つめ合っていた時間が何時なのかわからないのですが、暢子の勤めるアッラ・フォンターナは3人が一気に退職して人手不足でした。

ディナー営業を終えて銀座から帰ってきたとしたら、暢子と和彦が「あまゆ」で見つめ合っていた時間は23時頃?

そろそろエイサーの練習も終わる時間かもしれませんね。

 

 

ラフテーが焦げる?

こちらは誰かが『あまゆ』に来るのではなく、見つめ合っている暢子と和彦の雰囲気を壊すのは一瞬映った「ラフテー」ではないかという予想もあります。

煮込んでいた「ラフテー」から焦げくさい匂いがしてきて、ハッと2人が我に返るという展開もありえますね。

 

今週のタイトルは「黒砂糖キッス」でしたよ。

黒砂糖を使って作った「ラフテー」のことをさしているのかもしれませんね。

以前公式twitterで紹介されていた比嘉さん家のラフテーでは砂糖をつかっているようでしたが、、、

 

まとめ

明日(7月7日)の放送が待ち遠しい終わり方でしたね。

果たして、暢子と和彦が見つめ合う「あまゆ」にやってくるのは誰なのでしょうか。

明日が楽しみです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました