健ちゃん像がある埼玉県羽生市の小学校は?由来やまつわる怪談話も

テレビ
スポンサーリンク

埼玉県羽生市の健ちゃん像はご存知ですか?

埼玉県羽生市の小学校にある片脇にボールを抱えた少年の銅像です。

普通小学校の銅像というと二宮金次郎像が思い浮かびますが、健ちゃん像?というのはきいたことがありません。

 

今回は、

健ちゃん像がある埼玉県羽生市の小学校はどこ?

健ちゃん像が作られた由来は?

健ちゃん像にまつわる怪談話話とは?

健ちゃん像は羽生市の人気物!

についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

健ちゃん像がある埼玉県羽生市の小学校はどこ?

健ちゃん像がある埼玉県羽生市の小学校は羽生市北小学校です。

 

住所:〒348-0057 埼玉県羽生市北2丁目1−1

 

※通常、小学校は関係者以外の立ち入りはできませんので、一般の方がこの像をみることは難しいと思われます

 

羽生市北小学校の公式HPにも健ちゃん像のことは記載がされていました。

本校の特色は1年から3年生までの教室がオープンスペースになっています。また、学校キャラクター「健ちゃん」がいることです。着ぐるみにもなっていて、子どもたちに大人気です。そしてとうとう平成23年2月に「着ぐるみ健ちゃん」まで登場してしまいました。子どもたちの心に根付く北小でありたい。北小に通えてよかったといわれるような学校でありたいと願っています。

 

健ちゃん像は羽生市北小学校の学校キャラクターであり、着ぐるみにもなっているのですね!!

 

健ちゃん像が作られた由来は?

健ちゃん像が作られた由来は以前、埼玉新聞の記事になっていたようです。

昭和39年(1964年)、羽生北小学校の教諭が教え子をモデルにして作られました。

戦前、羽生北小学校には多くの小学校と同じように二宮金次郎像があったそうです。

元々あった二宮金次郎像の台座に健ちゃん像を置きました。

 

「健ちゃん」の由来は子どもの健やかな成長を願いです。

「健ちゃん像」は羽生市内各所に設置されていましたが、次第に撤去され今は羽生市北小学校の一体のみだそうです。

 

健ちゃん像にまつわる怪談話とは?

健ちゃん像にまつわる怪談話があります。

 

「夜になると校庭を走っている健ちゃんを見る。」

「忘れ物を取りに行ったら健ちゃんからボールを投げられた。」

 

夕方以降は忘れ物をしても、取りに行きずらいですね。苦笑

とはいえ、学校の銅像にまつわる怪談話はよくあるものですよね。

二宮金次郎像だって、「涙を流している」とか「夜中、校庭を歩いていた」とかね。

 

「健ちゃん像」の怪談話についても実際に体験した人がいるのか調べてみましたが、情報はなかったので、噂に過ぎない可能性も高いですね。

 

健ちゃん像は羽生市の人気物!

健ちゃん像にまつわる怪談話もあるようですが、健ちゃんはかわいい着ぐるみにもなっていて羽生市のゆるキャラ的存在です。

イベント等では着ぐるみの健ちゃんが登場しているようですよ。

 

 

 

健ちゃんは小学校4年生だそうです。

 

これらのかわいい健ちゃんをみると、夜ボールを投げられたり、走っていたりしてもあまり怖いという印象はないですね。

 

 

まとめ

埼玉県羽生市の健ちゃん像について調べてみました。

健ちゃん像についてわかったことは

  • 羽生市北小学校にいる。
  • 昭和39年(1964年)、羽生市北小学校の教諭が生徒をモデルとしてつくった。
  • 健ちゃん像にまつわる怪談話もある。
  • 健ちゃんは着ぐるみにもなっていて、羽生市人気者。

ということです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました