明治のピスタチオチョコレートが売切れ?話題沸騰の理由と実食レポ

グルメ
スポンサーリンク

3月1日から販売がスタートする明治のピスタチオチョコレートが話題になっています。

発売前から「絶対に買う!」という声も多くはやくも売り切れも続出しそうな予感。

ありそうでなかった明治(meiji)のピスタチオチョコレートとは?

 

今回は

・明治(meiji)のピスタチオチョコレートは売切れ必死!?話題沸騰の理由は?

・明治(meiji)のピスタチオチョコレートの実食レポ!実際に食べてみた感想

についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

明治(meiji)のピスタチオチョコレートは売切れ必死!?話題沸騰の理由は?

明治(meiji)のピスタチオチョコレートは発売前からかなり話題になっています。

発売前からこれだけ話題になっていると早めに売り切れてしまいそう!?と心配にまってしまうくらいです。

 

明治のピスタチオチョコレートが発売前から話題になっている理由を考えてみました。

・ありそうでなかったまるごとピスタチオを包んだチョコレート

・大手食品会社明治のチョコレートであるために大量生産、日本全国で手に入りやすい

・空前のピスタチオスイーツブーム

この3つを掘り下げてお伝えします。

 

「ピスタチオチョコレート」は、ピスタチオ特有のやわらかな食感や旨味を楽しめるナッツチョコレートです。ほんのり塩を効かせたチョコレートで包むことで、クセになるおいしさに仕上げました。またチョコレートには華やかな香りが特長のペルー産カカオ※2とピスタチオペーストも使用しており、コク深い味わいもお楽しみいただけます。

明治公式サイトより

発売日:3月1日

販売エリア:全国

想定価格:237円(税込)

 

ありそうでなかったまるごとピスタチオを包んだチョコレート

アーモンドやマカダミアナッツをまるごと包んだチョコレートは以前から明治含め大手のメーカーから発売されていますが、ピスタチオを丸ごと包んだチョコートは大手メーカーからの発売が少なかったこと理由の1つかもしれません。

また、ピスタチオクリームなどを使っていたりとピスタチオを加工して作られたスイーツは多いですが、まるごとピスタチオが食べられるスイーツは意外と珍しいようです。

 

 

 

大手食品会社明治のチョコレートであるために大量生産、日本全国で手に入りやすい

ピスタチオチョコレートは大手食品会社の明治から発売されるため、日本全国に流通がしやすいことも話題になる理由の1つかと思います。

無印良品、DEAN & DELUCAなどピスタチオのオリジナルスイーツは販売がされていますが、自宅近く日常の生活圏内に店舗がなくてなかなか気軽に買いにいくことができないという方も多いでしょう。

その点、明治の商品であれば近所のスーパー、コンビニで気軽に購入ができる!と思われがちですよね。

ピスタチオは大好きなのに気軽に買いにいけるところに売っていない!!というのはあるあるなのかもしれません。

 

そういった意味でも明治から発売される『ピスタチオチョコレート』は幅広くヒットしそうな予感です。

 

空前のピスタチオスイーツブーム

ピスタチオが注目され始めたのは2017年頃から「次に来るスイーツブームの新たな食材」として色々なメディアに取り上げられました。

そして2019年頃ピスタチオスイーツとしての人気が定着しました。

 

殻を除いたピスタチオの輸入量は2017年頃より増加し、2012年に比べると2020年は約2.3倍となりました。これはピスタチオブームによる製菓材料としての需要が増えたためで、ピスタチオを使用した食品の市場は拡大してきています。

明治の公式サイトより

 

以前は高級スイーツに使われることが多いイメージのピスタチオですが、無印良品やミニストップなど各社でオリジナルのピスタチオスィーツが発売されるようになりました。

 

Tweet / Twitter

 

また、ピスタチオはナッツの女王とも呼ばれ栄養価が高いこともピスタチオブームの背景に見られます。

・腸内環境の改善・便秘予防効果

今流行りの腸活にもぴったりの食材。

アンチエイジング効果

抗酸化作用があると言われています。

美肌&美髪を保つ効果

肌や髪の毛を丈夫にしたり、紫外線予防効果もあるとのこと。

 

ピスタチオスイーツのブームが定着してきた今、明治から発売されるピスタチオチョコレートは期待大です。

 

 

明治(meiji)のピスタチオチョコレートの実食レポ!実際に食べてみた感想

早速、明治のピスタチオチョコレート買ってきました。

自宅近くのコンビニ(セブンイレブン)に売っているか心配でしたが、

ちゃんと販売されていました。

 

 たb

 

ほんのり塩味がきいたミルクチョコレートとピスタチオがすごく合う!

かなり小粒なので、一箱すぐに食べきってしまいます。

明治のアーモンドチョコレートと比べてもパッケージも一粒サイズもひとまわり小さいです。

ピスタチオはアーモンドより柔らかいので食べやすさを感じました。

内容量35gとされていますが、16粒はいっていました。

断面はほんのりピスタチオグリーンが感じられます。

そして、まわりのチョコレートが他のナッツ系のチョコレートと違うなぁと思ったら、チョコレートにもピスタチオペーストが練り込まれています!

明治のアーモンドチョコレートが88g、値段は販売箇所によって異なりますが220円前後と思うと少し割高な感じはしますが…

でも食べてみる価値はありますね。

ピスタチオの独特の風味をしっかりと味わうことができました。

 

【meiji ピスタチオチョコレート】

カロリー:202kcal

糖質:14.7g

 

発売日に早速買って食べられた方の感想はこちら。

 

 

 

発売前の世間の声はこちら

Tweet / Twitter
Tweet / Twitter

 

実食レポは改めて追記します。

 

まとめ

全国のピスタチオファンが注目している明治のピスタチオチョコレート。

発売日の3月1日にピスタチオチョコレートを狙ってコンビニやスーパーで買おうと思っている人も多いと思います。

売り切れる前に早めに買っておいたほうがよさそうですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク
グルメ
hanaをフォローする
hanaブログ
タイトルとURLをコピーしました