東大生・松島かれんの出身高校はどこ?現在の活動内容や趣味も調査

人物
スポンサーリンク

東大生の松島かれんさんの勉強方法が話題になっていますね。

各メディアにも取り上げられています。

偏差値39から東大合格した実績をもとに色々なところで勉強方法を発信されています。

 

今回は、

東大生・松島かれんの出身高校はどこ?

東大生・松島かれんの現在の活動は?

東大生・松島かれんの趣味は?

についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

東大生・松島かれんの出身高校はどこ?

東大生・松島かれんの出身高校は日本女子大学附属高校です。

神奈川県川﨑市の女子高ですね。

 

東大生なので一般的には高校も進学高に通っていたものと思われがちなのですが、松島かれんさんの高校は東大どころか大学受験をする生徒は少なかったそうです。

日本女子大学への推薦制度があるので、多くの生徒は受験せず進学されます。

国立大学を受験をした生徒は、ほんの数人しかいなかったとのことです。

また、松島かれんさんは高校受験をしていないとのことでしたので中学から日本女子大学付属中学に通っていたのだと思います。

 

まわりに大学受験を友人がほとんどいないなか、東大を目指すことは不安もあったと思いますが、高校1年生の時「東大へ行く」と決め1日平均12時間くらい勉強していたそうですよ。

周りの友人や先生もサポートをしてくれたそうです。

大学受験をする生徒が少ない高校の先生が東大受験をすると生徒に言われたらかなりびっくりしたでしょうけど…

 

現在、東大3年生。

3月に21歳になったことをSNSで発信されていたので、浪人もせず現役合格されているようです。

出身高校側も誇らしいですよね。

 

 

東大生・松島かれんの現在の活動は?

東大生・松島かれんさんは現在どのような活動をされているのでしょうか。

松島さんは東大生です。

東京大学農学部に在籍し現在は気象予報士試験に向け受験勉強中だそうです。

気象予報士試験といえば合格率5%前後。

難度の高い試験に向けて勉強中とのことですが勉強以外にも色々と活動をされています。

 

松竹エンタテインメント俳優スクール2期生

松島かれんさんの夢は「文章や映画、テレビなどのメディアを通して届ける”表現者”」になることです。

松竹エンタテインメント俳優スクール2期生として演技だけでなく脚本も学ばれているそうです。

 

 

「ドラゴン桜 一発逆転育て方」(プレジデント社)

松島かれんさんはこの書籍の中ででてくる東大生の1人として登場します。

日本女子大学附属高校から東大受験をした時のことが書かれています。

 

その8 人と違っていい
「人と同じである必要はない」
内部進学者が大多数のお嬢様学校から東大へ

 

『ドラゴン桜(三田紀房)公式note』への連載

感情保全型のnote連載マガジンということで松島さん自身の経験から「学ぶことの素晴らしさ・楽しさ」を伝えられています。

記事のサイトはこちら

 

スタディサプリ リアルドラゴン桜プロジェクトでの講師

2021年10月には現代文と数学の講演をされています。

勉強のコツについて具体的にどうすれば成績を伸ばせるのか、キーワードを挙げてわかりやすく説明する講演です。

詳細はこちら

 

スマホ学園@東大生の勉強法&雑学チャンネルでの講師

こちらでも勉強方法をレクチャーしています。

3月14日のアピールちゃんに出演

2022年3月14日のアピールちゃんでは大学受験勉強中の小倉優子さんに松島かれんさんが勉強方法を伝授します。

これは見逃せません。

 

 

東大生・松島かれんの趣味は?

東大生・松島かれんさんの趣味はサッカーです。

大学入学後サッカーを始められたそうで、東大のサッカー部にも入部しています。

ポジションはMF。

好きなサッカー選手は長谷部誠さんだそうですよ。

 

東大生としての学業の他、は気象予報士試験の勉強、講演や講師、演技や脚本を学び、趣味のサッカーまで楽しまれているので、すごく忙しいと思うのですが…

時間の使い方やそれこそ効率のよい勉強方法で有効的に学んでいるのでしょうね。

外見は普通の女子大生にしか見えないのに、すごいバイタリティです。

 

この投稿をInstagramで見る

@km_moonjellyがシェアした投稿

まとめ

東大生・松島かれんさんのことを色々と調べてみました。

松島かれんさんの連載など読んでみるとても丁寧で誠実な文章から、松島さんのお人柄が伝わってきます。

演技や脚本も勉強されていますし、気象予報士試験にも挑戦されているので、今後の活躍あ楽しみでなりません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
人物
hanaをフォローする
hanaブログ
タイトルとURLをコピーしました